ケアンズでスカイダイビングを楽しむ方法

手軽にできるダイビング

オーストラリアではスカイダイビングが手軽にできます。オプショナルツアーもたくさん出ていますし、現地の観光案内所で申し込むことも可能です。料金も2万円代からのものが多いです。私は今回はケアンズに3泊と言う短い滞在でしたので前もってツアーで申し込みをしておきました。事前に日本からツアーを申し込む場合予約は日本語でOKですが、前日に英語で事前確認が必要になります。英語ですが簡単な英語ですし、下に詳しく説明してますので大丈夫です。ダイビングをする時のおおまかな流れは以下のようになります。

  1. 日本で予約(バウチャー、予約番号を確認)
  2. ツアー前日に確認の電話をする
  3. 予約時に決められたピックアップ場所に行く
  4. スカイダイビングのオフィスで免責同意書にサイン、ダイビングの説明を受ける
  5. 空港までのバンに乗り移動
  6. スカイダイビング
  7. オフィスにもどり着替え
  8. 指定の場所まで送ってもらう

と言う流れになります。予約時に宿泊予定のホテルを聞かれるのでホテルを予約後にスカイダイビングの予約は手配したほうがいいです。ダイビングは12歳からできますが18歳未満の場合は保護者の同意が必要になります。保護者が同行しない場合はパスポートのコピーの提示、専用フォームの提出が必要になります。またスキューバダイビングをされた方は最低12時間は時間を空ける必要があります。(2本された場合は24時間以上)前日にお酒を飲まれる方はスカイダイビングの8時間前には飲酒を終えてください。自分はスカイダイビングしたいけど、友達はしたくないと言った場合でもお友達はスカイダイビングはせずに見学できますので大丈夫です。ですが見学も前日の確認時に送迎車に空席があった場合のみになりますのでご注意ください。また見学者の料金は飛ぶロケーションによって無料の場合と有料の場合があります。見学者が子供の場合年齢によっては断られる場合がありますので予約時に確認してください。我が家の場合は6歳児でしたが見学できず、ダイビングをしない大人と留守番になってしまいました。

゜:★オーストラリアのオプショナルツアー予約VELTRA★

不安な場合はオプションで保険を

保険についてですが、通常の海外旅行保険ではスカイダイビングの際のケガは対象外になります。現地でスカイダイビング専用の保険30ドル(約2,300円)を申し込むことができます。またパラシュート協会への登録料が1人35ドル(約2,700円)かかり、現地で支払いをします。私は10年前にシドニーでスカイダイビングしましたが今回も支払いました。

前日の英語での予約確認方法(番号は予約確認書に記載されています)

コンファメーションプリーズ(予約の確認お願いします)

Confirmation number please(予約番号を教えて下さい)

ナンバー******(バウチャーに記載してある番号)

Thank you. Pick up place is 〇〇〇.Pick up time is 〇〇.(ありがとうございます。お迎えの場所は〇〇〇で時間は〇〇時です。)

OK,thank you.

あくまで確認なので、ピックアップの場所(ホテルの名前など)と時間を聞き取れれば大丈夫です。ピックアップの場所と時間は予約確認書に記載されています。もし聞き取れない場合は”Please speak slowly.(プリーズ スピーク スローリー)”「もっとゆっくり話して下さい。」と言いましょう。

スカイダイビング当日

当日はお迎えの場所に指定時間までに行きます。お迎えのバンでスカイダイビングオフィスへ。オフィスに着いたら免責同意書にサインしてパラシュート協会費を支払います。クレジットカードも使えます。ツアー予約時に「スカイダイビングのみでオプションのビデオや写真を申し込んでなかったけど、やはりビデオを撮って欲しい!」と思ったらカウンターで追加で申し込みできるの大丈夫です。

スカイダイビングオフィス
ここで受付をします

受付を済ませたら上下のつながった作業着のような服に着替えて(自分の服の上から着れます)、携帯電話や荷物をロッカーに預け、スカイダイビングの説明を受けます。(注意事項や着地の姿勢など)説明は動画を見ながらなので英語が苦手でも大丈夫です。説明が終わるといよいよ空港へ向かいます。オプションの動画はこの時点で撮影が始まります。私はオプションの動画は頼んでいなかったのですが、おそらく気が変わった時のためか、インストラクターが撮ってくれていました。空港では待機室のような場所で飛行機を待ち、インストラクターの指示があったら飛行機に乗るのですが、私が飛ぶ時はかなり待ってもなかなか飛行機に乗り込めず、おかしいな~と思っていたらインストラクターに「トラブルの為一度オフィスに戻ります。」と言われてしまい、先ほど受付をしたオフィスに一旦戻ることになってしまいました。オフィスでしばらく待機していると「乗るはずだった飛行機がトラブルで飛べなくなって代替機を探しているけど手配に時間がかかるので一度ピックアップ場所に送ります」と言われてしまいました。私達は朝7時にピックアップでこの時ですでに9時を過ぎていました。『朝と同じピックアップ場所に12時に迎えに来ます。もし何か状況が変われば携帯に電話します。」と言われ一旦ホテルに戻ることに。ランチを食べて12時のお迎えでまたオフィスへきて、着替えて1時頃にやっとダイビングできました。午前中で終わると思っていましたが飛行機トラブルのせいで結局ホテルに戻ったのは14時頃でした。スカイダイビングは天候や飛行機トラブルに左右されるので時間には余裕を持ってスケジュールを立てられることをおすすめします。天候によるキャンセルは返金の対象ですが、今回私達のケースでもし「午後になるならやめます」と言っていればこちら都合でのキャンセルになりおそらく返金はしてもらえなかったと思います。

証明書
ダイビングの証明書

スカイダイビング終了後

参加者全員に上のような証明書をくれます。飛行機トラブルでかなり時間がかかりましたが、10年ぶり2回目のスカイダイビングを無事終えることができました。初めての時はあっと言う間に空から地上に到着して景色などを楽しむ余裕はなかったのですが、2度目だった今回はケアンズの綺麗な海をじっくりと見ながらダイビングできました。ジェットコースターなど絶叫系が好きな方には是非おすすめのアクティビティです!