ケアンズおすすめのスーパーマーケットと市場

海外に観光に行った時に地元のスーパーに行かれる方はあまり多くないかもしれません。私は海外のスーパーが大好きで旅行をする時は必ず時間を見つけてその土地のスーパーに足を運びます。珍しい食品やお土産用のお菓子などがリーズナブルに買えるのでおすすめです。オーストラリアは物価が高く、日本で言うカフェレストランなどでランチをする場合は普通に2,000円を超えます。ですが食料品などは日本と比べても安いです。特に野菜、果物、お肉は安く、精肉コーナーにはオーストラリアならではのカンガルーのお肉も売ってあります。もちろんラム肉もたくさん売ってあります。

オーストラリアのスーパーマーケットと言えば

主にこの二つです。どの都市に行ってもこの二つはありますし、もちろんケアンズにも両方あります。ケアンズの場合は中心部にあるのはWoolworthsです。Colesはケアンズ駅にあるのですが駅は中心部(にぎやかな場所)よりやや離れています。ホテルからもWoolworthsが近かったので滞在中は何度も行きました。

今回家族旅行でケアンズに3泊滞在することになり、大人数で全て外食だとかなりの出費になるのでキッチン付きのアパートメントタイプのホテルを選び、できるだけ自炊することにしました。 ケアンズに到着した日にグリーン島に行ったのですが、フェリーに乗る前にもWoolworthsに寄ってサンドイッチや飲み物、フルーツなどを買いました。大人4人子供1人分で確か3,000円内に収まったと思います。グリーン島に行った記事にも書いてあるのですが、グリーン島は物価がさらに高く(島なのである程度は仕方ないのですが)ピザとドリンクセットで2000円弱とかします。微妙なランチに家族5人だと1万円弱・・・スーパーで買っておいて本当に良かったと思いました。

他の都市のWoolworthsはどうか分かりませんが、私が行ったケアンズのWoolworthsではスーパーの果物売り場の近くにバスケットに入ったバナナやリンゴがあって「子供のいる家庭はご自由にお取りください」と嬉しいサービスまでありました。

最近日本ではレジ袋が有料化していますが、オーストラリアのスーパーもみんなマイバッグを持参して買い物をしています。ですがマイバッグを持参していなくても大丈夫です。1ドル程度でかなり丈夫なエコバッグを購入できます。レジの近くに置いてあります。数十セント払ってペラペラの薄いビニールバッグを買うよりはこのエコバッグを買う方が断然お得だと思います。(オーストラリアのビニールバッグは本当に薄いです。)この緑のエコバッグは本当に丈夫で私は日本でもかなり使っています。底に取り外し可能なプラスチック?の板があり重いものを入れても形崩れしません。Colesにも違う素材ではありますがエコバッグが1ドル程度で売られていました。Colesのエコバッグはデザインが豊富で、シンプルなColesのロゴとは別に、期間限定のエコバッグがたくさん置いてありました。(私が行った時は3月でしたのでイースター仕様のウサギのイラストのエコバッグなど)リーズナブルでデザインもかわいくかさばらないのでお友達へのお土産などにおすすめです♪

ウールワースのエコバッグ
たくさん入るWoolworthsのバッグ

スーパーマーケットもおすすめですがフルーツ好きな人にケアンズでぜひ行ってほしいところがRusty’s Market(果物市場)です。野菜も少し売っています。街中にあり、「本当にこんなところに市場が??」と何度も行く途中に疑問に思いましたが地図を信じて進んでください(笑)

フルーツは全て計り売りです。りんご一個からでも買えます。オーナーはぼほアジア系で愛想の良くない人もいてマンゴーを投げるように袋に入れられたりもしますが驚かないでください。きっと文句を言っても気にもされないと思います。

ラスティーズマーケット
ラスティーズマーケット

スーパーでもフルーツは安いのですがこのマーケットはさらに安く、本当にたくさんの種類のフルーツが売っています。特にトロピカルフルーツが日本と比べ物にならないくらい安く、とてもおいしかったです。私のおすすめはマンゴーです。この市場だとずっしり重いマンゴーが1ドル、80円以下で売っています。信じられますか?写真のフルーツ(マスカット、パパイヤ、マンゴー、洋梨、りんご、ドラゴンフルーツ)全部購入しても1,000円以下でした!購入した中ではドラゴンフルーツが一番高かったのですがそれでも1kgで400円ぐらいでした。写真には写っていませんがドラゴンフルーツは白と赤と2種類購入しましたが赤の方が甘みが強くおいしかったです。

トロピカルフルーツ
新鮮なフルーツ

オーストラリアのどの都市にもフルーツマーケットはありますが、ケアンズでは特に街の真ん中にあり歩いてアクセスできますので是非行ってみてください。