【2020年最新版】パラダイスシティに行ってきました!(韓国・カジノ)

お正月に仁川のパラダイスシティに行ってきました。仁川は福岡からだと飛行機で1時間ちょっとで気軽に行けます。パラダイスシティはカジノがあり、行かれる方はほぼカジノ目当てだと思いますが屋内遊園地やプールもあり子連れでもかなり楽しめました。

空港からパラダイスシティの行き方

仁川国際空港はターミナルが2つあります。第1ターミナルと第2ターミナルは約15kmも離れておりターミナル間の移動はシャトルトレインと言う地下鉄のような乗り物で移動します。第1ターミナルからですと無料シャトルバスで3分とかなり近いです!第2ターミナルからですと約20分です。 

各ターミナルからの乗り場と時刻表
【 仁川国際空港第1ターミナル】
3Cゲートから・・・毎時00・20・40分出発(5:40〜23:40)
14Cゲートから・・・毎時05・25・45分出発(5:45〜23:45)
【仁川国際空港第2ターミナル】
1Aゲートから・・・毎時05・25・45分出発(5:25〜23:25)

今回私は第1ターミナルに着く飛行機でしたのでパラダイスシティに近く、かなり便利でした。

この看板の前で待ちます

14Cゲートを出て道路を渡るとシャトルバス乗り場がありますが、このエリアには色んな方面へ行くバスが出てますので必ず看板を見て確認して下さい。ほぼ時間通りにシャトルバスは着ました。バスに大きく「PARADISE CITY」と書いてありましたが一応運転手さんに確認しました(笑)。スーツケースは運転手さんがバスのトランクルームに入れてくれました。本当にあっと言う間にパラダイスシティに到着しました。シャトルバスは地下に停車するのでエスカレーターで上がり、ホテルのロビーに向かいます。

ホテルのエントランス

パラダイスシティのホテルエリアは3つ

レセプション


ホテルのエリアがゴールドウィング・レッドウイング・パープルウィングに分かれています。私は今回はゴールドウィングのお部屋に宿泊しました。下の草間彌生さんの大きな作品のあるロビーからそれぞれのウィングへ行くことができます。

センターロビー
お部屋

部屋にはバスタブもありかなり綺麗でした。ハブラシ、シャンプーはもちろん、バスローブ、電気ポットやコーヒーセットもあり室内アメニティは充実している方だと思います。連泊でもお部屋の掃除は毎日してくれまいしたよ。バスローブもですが私が個人的に感動したのはふかふかのスリッパでした!使い捨てとは思えないくらいしっかりした造りで、これでお部屋の外にも行けるかもと思ったのですが、スリッパ履きでお部屋の外に行くのはご遠慮下さいと注意書きがしっかりありました。

年中泳げるプール

屋外プール(温水)

ホテルに到着して早速プールで泳ぐことにしました。プールエリアはゴールドウィングの3階にあります。屋内と屋外にありサウナも併設しています。 受付でルームキーを見せると更衣室に案内してくれます。小学生でも男女別の更衣室に案内されます。(うちの子は男の子で韓国語も英語もしゃべれないのですが男性スタッフが身振り手振りでロッカーの鍵の使い方を教えてくれたようです。)
この時の気温が氷点下だったのですが、みなさん気にせず泳いでました。むしろプールに入っていないとかなり寒かったです。温水と言えどもそこまで水温が高くなかったのですが、大きいプールの脇に小さいジャグジーがいくつかありました。ジャグジーは38~40度に設定されていました。タオルは数ヶ所に山積みされているので自由に使うことができます。バスローブはロッカーの鍵を見せると貸し出しをしてくれました。プールの深さが1m以上あり子供はライフジャケット(無料)の着用をしなくてはいけません。プールのお客さんはほとんどが韓国人でたまに日本人を見かけるぐらいでした。

屋内遊園地・ワンダーボックス

パラダイスシティの敷地内にワンダーボックスと言う遊園地があります。入場料は大人約2,800円、子供約2,000円で、手首にタグをつけてくれるのでその日の営業時間内でしたら何度でも再入場ができます。ちなみにカジノのVIPカードを提示すると無料で入場できます。

ワンダーボックス入り口

こちらは入り口の写真ですが、チャーリーとチョコレート工場と不思議の国のアリスの世界を足して割ったような雰囲気でした。

サービスでできるゲーム

受付で1人で2回まで遊べるゲームの券をくれますので、射的やバスケなどのゲームができます。ワンダーボックスの中には観覧車・メリーゴーランド・ゴーカートなどアトラクションが10種類ほどありますが、滑り台など身長制限があるものが多数ありました。しかも130cm以上じゃないとできないアトラクションが2つはあったので小さなお子さん連れの方は注意して下さい。ホテルの室内にワンダーランドのパンフレットもあるので事前に確認するのをおすすめします。

観覧車

免税店・レストラン

左手に免税店、右手に遊園地があります


免税店も敷地内にありますが化粧品が主な感じでした。購入するには簡単な会員登録が必要でした。購入する数が多いとサンプルもたくさんくれました。
パラダイスシティ内には日本料理、中華料理、イタリアンのレストランやカフェがありますがホテル内だけあって割高ですが日本でもホテル内のレストランはどこも高いので同じような感じでしょうか。私はとりあえず全てのレストランで食事をしましたがイタリアンレストランがおすすめです。ピザもパスタもおいしかったです。ちなみにこちらのレストランもカジノである程度のランクになると無料で利用できます。

近くのスーパーマーケット
私は海外に行くと必ず地元のスーパーマーケットに行ってお土産や自分用の食材・お菓子を爆買いします。今回もグーグルマップで調べてみるとE=martと言うスーパーマーケットがすぐ近くにあったので行く事にしました。フロントでE-martまで歩いて行けるかどうかたずねると、「うーん、歩くとちょっと遠いですね。15分ぐらいかかると思います。タクシー呼びましょうか?」と言われたのでタクシーで行く事に。ですが、実際タクシーに乗るとあっと言う間について逆に運転手さんに申し訳ないぐらいでした(笑)
前回韓国に来たのが約10年前で、その当時もスーパーでかなり爆買いをして今回もかなり買い物をする気満々だったのですが、値段を見ると・・・。日本とあまり物価が変わりません!むしろ高いものもある・・・。かなり期待を裏切られました(涙)パラダイスシティの近くだからでしょうか?他に競合店もないからか値段はそこまで安くなく、とうもろこしのお茶や韓国らしいお菓子、調味料を買いました。それでもお店にある特大のエコバッグに入りきらない程買いましたが(笑)

パラダイスシティはカジノをしなくても丸2日間は子連れでも楽しめます。肝心のカジノですがやはりアジア人しかおらず、ほとんどが中国系の方のような印象を受けました。テーブルゲームはポーカーやブラックジャック、バカラなど一通りはあります。テーブルでプレイをする時は必ずカジノカードの提示が必須で、これによっていくらカジノに使っているか記録しています。そしていくらロンダリングするかによってランクをつけているのです。上のランクになるとパラダイスシティからカジノへの招待が来るので、その場合は航空券やホテル代などが無料になるんだそうです。機会があればぜひ泊まってみてください。