福岡の猫島「相島」への行き方

猫が大好きな私ですが、家が賃貸の為、猫を飼うことができません。猫カフェに行こうとしたら子供がまだ小さい為入店できなかったので、福岡の中心部から日帰りでもいける猫の島に行って来ました。

福岡県には猫島が3つあります。

  • 相島(あいのしま、あいしま)・・・糟屋郡新宮町
  • 馬島(うましま)・・・北九州市小倉北区
  • 藍島(あいのしま)・・・北九州市小倉北区

博多から相島までは約1時間30分ほどでアクセスでき、料金も840円(大人・片道)とリーズナブルに行くことができます。

相島は「世界6大猫スポット」にも選ばれていて、まさに世界が認める猫スポットです。博多からもアクセスしやすく、小さい島ながらも食堂やお土産屋さんもあり猫観光で訪れるのにはとてもおすすめの島です。猫好きにはたまらないですね。

相島とは

玄海灘に浮かぶ福岡県糟屋郡新宮町の島。新宮海岸から約8kmの場所に位置する。「猫の島」としても有名であるが、釣りのスポットとしても有名。島の面積は約1.2k㎡で島周約8km。人口300人余り150世帯の有人島で島内には小学校や中学校もある。

博多からのアクセス

博多駅

博多駅→JRで福工大前駅→バスで新宮港(相島渡船場)→フェリーで相島 

JR鹿児島本線

JR博多駅より鹿児島本線(上り)で福工大前駅で下車します。福工大前駅は快速も普通列車もどちらも停まります。快速で約15分、普通列車でも20分くらいです。運賃は片道280円。福工大前で下車して改札を出ると出口が2つあります。福工大口(福岡工業大学へ行く出口)と北口の2つですが、相島行きの渡船場までのバスは北口から出ていますので北口へ行く階段を降りてください。

ちなみに天神から相島へ行かれる場合は天神中央郵便局前から福工大駅前までバスも出てますがバスでかかる時間等を考えると地下鉄で天神から博多まで行って、博多から電車で行くほうがおすすめです。

出典:google map

階段を降りてすぐ目の前のバス停からコミュニティバスに乗ります。「相らんど線」の1番(第1ルート・時計回り)のバスに乗って「相島渡船場」で降ります。バスの時刻表はこちらから確認できます。渡船場まではバスで約10分です。運賃は片道100円です。※島にはコンビニはありませんので飲み物などが必要な方はここのファミリーマートで買い物をすませておくと便利です。

渡船場
待合所から渡船場までの道

「相島渡船場」のバス停を降りると目の前に待合所の建物があります。待合所の中に券売機があるのでので乗車券を購入してください。フェリーは4~9月は1日6本、10~3月は1日5本運行しています。フェリーの時刻表はこちらから。大人片道460円(子供230円)です。フェリーで約20分で相島へ到着です。ちなみ相島渡船場には駐車場もありますので車で渡船場まで来ることもできます。駐車料金は普通車ですと12時間まで500円で駐車できます。

島の様子

港
フェリーからの風景

8月に相島へ行ったのですが、天気も良く週末だったこともあり、私達以外にも観光客がたくさんいました。

相島の猫
木陰で寝る猫たち

船から降りると目の前にはすぐ民家が見え、すでに猫がちらほら見えます。事前に調べた情報では100匹ほどの猫がこの相島にいるとのことでしたが、実際に行って見た感じだと100匹以上はいると思います。

いたるところに猫ちゃんが

たくさんの観光客に慣れているのでしょう。近づいても逃げる様子もなく、ゆっくり近づくと頭をなでさせてくれます。船着場から奥に入っていくと神社があるのですが神社周辺や神社に行く細い路地でもたくさん猫ちゃんを見ることができました。

相島
のどかな相島

猫以外の島の楽しみ方

相島には食堂お寿司屋さん、道の駅ならぬ島の駅があります。また島の駅の2Fにはカフェもありますのでランチを挟んで猫ちゃんに1日中癒されることもできますね。また自転車をレンタルすることもできます。こちらに相島の中学生が作成したパンフレットもありますので参考にしながら一日相島を満喫されるのもいいですね!