ミュンヘンで白アスパラガスを食べれるレストラン

2019年9月28日

アスパラガスと言えば緑のアスパラガスが日本ではほとんどですが、ミュンヘンは白アスパラガスの産地であり、白アスパラガスはSpagel(シュパーゲル)と呼ばれ、毎年4月~6月にドイツではアスパラガスが旬を迎えます。旬を過ぎると一切市場に出回らないとのことで、新鮮なホワイトアスパラはドイツではこの時期にしか食べれません。

ノイシュヴァンシュタイン城のツアーに参加した際、日本人ガイドさんからあと2日で白アスパラガスの出荷が終わってしまうので是非食べてくださいとおすすめされました。数日前にベルリンの駅前で白アスパラガスが屋台で箱詰めされて売られていたので「なぜ白アスパラがこんなところに??」と驚いたのですが旬が終わると市場に出荷できないのでその前に売っていたのですね。ガイドさんのお話を聞いて納得しました。また日本ではとても高価な白アスパラガスですが、ドイツではかなり手ごろな値段で食べられ、ボリュームも日本とは比べ物にならないと聞いてますます食べてみたくなりました。

ノイシュヴァンシュタイン城のツアーに参加した翌日はミュンヘンの観光をする予定でしたのでマリエン広場周辺で白アスパラガスの食べれるレストランを探して下の3件のレストランを見付けました。(ガイドさんのおすすめしてくれたレストランは残念ながらマリエン広場の近くではなかったので)

マリエン広場周辺で白アスパラガスの食べれるレストラン

  1. Ratskeller(ラーツケラー) 
  2. Donisl(ドニスル)
  3. Zum Spockmeier(ツム・シュペックマイアー)

 

マリエン広場
マリエン広場の市庁舎

1.Ratskeller(ラーツケラー)

新市庁舎の地下にあるこちらのレストランはとても有名で写真付の英語メニューがあると言うことでしたので一番最初に行ってみることにしました。階段を下りていくと地下にあるとは思えないくらい広いレストランです。広いのですがお昼前にも関わらず見たところほぼ満席。店員さんが「予約してる?」と聞いてきたので「予約はしていないけど、白アスパラを使ったメニューはある?」と聞くと、「うちでは白アスパラは終わった」と言われたので次のレストランへ。ラーツケラーは席数はとても多いですが英語サイトもありますので予約して行かれることをおすすめします。

2.Donisl(ドニスル)

ラーツケラーを出て数十メートル歩いているとDonislはあります。オープンテラスもありとてもおしゃれな雰囲気です。お店の前にいたウェイターさんに「白アスパラはまだ食べれますか?」と言うと「まだあるよ」と言うのでこちらでランチをすることにしました。写真付きではないけれど英語メニューもありました。こちらのレストランでは白アスパラガスをメインにサイドディッシュとしてサーモンやハム、お肉が選べたのでサーモンを選びました。(もちろんアスパラガス以外のメニューもたくさんありました。)ソースはバターソースとマヨネーズベースのソース2種類ついてきました。

アスパラ
ホワイトアスパラガス

お皿も大きかったので、アスパラガスの大きさが写真で大きさが分かりにくいかもしれませんが25cm以上のアスパラが5本も出てきました!しかも日本のより太く肉厚です。これで1人分ですよ!私達は女2人でシェアしてちょうどいい量でした。

ワイン
一杯の量が多いワイン

飲み物はビールではなくスパークリングワインをそれぞれ頼みましたが、こちらも量が多い!グラスのサイズ分かりますか?こちらになみなみとついであります。きっと日本のグラスワイン3杯分はあったと思います。これでお値段800円ぐらいでした。

3.Zum Spockmeier(ツム・シュペックマイアー)

こちらは白ソーセージの発祥のお店と言われる1450年から続く老舗のレストランです。白アスパラガスを食べてまだお腹に余裕があればぜひ白ソーセージも食べてみてください。

マリエン広場の仕掛け時計

マリエン広場にはネオ・ゴシック様式の新市庁舎が建っていて、建物の中央にあるドイツ最大の仕掛け時計は11時、12時、17時、21時に人形が動き出します。この人形は32体でほぼ人間と同じ大きさで約10分間鐘を鳴らしたりくるくると動いて結婚式の様子を表現してくれます。マリエン広場に行かれる際は是非この仕掛け時計を生で見てください。周りにはたくさんカフェがありますので、窓際に座ってゆっくりコーヒーを飲みながら仕掛け時計を見てもいいですね。

仕掛け時計
広場の仕掛け時計

ドイツのスイーツ

白アスパラガスを堪能してマリエン広場を散策してカフェに入りました。ドイツのスイーツは一個が大きいのですが甘すぎず意外にペロリと食べれます。甘すぎないせいかスイーツを食べている男性を良く見かけました。こちらのイチゴの入ったシュークリームもクリームがたっぷりと入っていて大きさもあったのですがすぐに完食しました。ドイツはカフェで食べるスイーツ、コーヒー、パフェが大きさの割りに安かったです。こちらのシュークリームも400円くらいだったと思います。スイーツが大きいけど安いって嬉しいですよね♪またドイツではトイレがほぼ有料ですので(カフェやレストランを利用すると無料で使える)、ドイツではカフェで良く休憩をしていました。

おいしそうなスイーツ

ミュンヘンを4月~6月に訪れる機会があれば是非白アスパラガスを食べて見てください!