グラナダカードの受け取り場所とアルハンブラへの行き方【2019年最新版】

2019年10月14日

こちらの記事でグラナダカードを予約する方法を書きましたが、今回は実際にグラナダでカードの入手方法とグラナダ市内からアルハンブラ宮殿への行き方を説明したいと思います。

予約完了時にメールでPDFが添付され、グラナダカードの入手場所が書いてある地図がこれ。すごく分かりづらいですよね・・・。

入手場所
バスカード入手場所

送られてきた地図では分かりにくかったので、分かりやすくするためにgoogle map上に印をつけてみました。カードの受取場所は①~⑥までの6ヶ所ですがそれぞれ道の反対側にあるので実質は3ヶ所です。③と④はグラナダ大聖堂の前にあるので土地勘が無くとも行きやすいと思います。私はこの地図より北の方にある高速バスのターミナル近くに宿泊していて、そこからバスで市内まで移動してきたので一番近い①のGran Via 32のバス停で入手しました。

出典:google map

①Gran Via 32のバス停の様子です。この機械に予約確認書のPDF記載のLOC.BUS:の後のアルファベットを入力するとカードが出できます

グラナダバスカード

実際のカードが上の写真のものになります。1人1人番号が違うので複数人でカードを購入している場合は人数分入手してください。シティバスの利用はこのカードを入手してから9回乗り降りができます。もちろんアルハンブラ宮殿行きのバスにも使えます。①~⑥の入手場所周辺に宿泊している人は徒歩で行けますが、私のように少し離れた場所に宿泊していて、①~⑥までバスで行かなくていけない場合のバスの運賃は別途支払ってください。

アルハンブラ宮殿への行き方

グラナダ市内からアルハンブラ宮殿までは徒歩、バス、タクシーで行くことができます。徒歩ですとヌエバ広場からですと1kmほどですが、行きは登り坂になりますので25分くらいかかりますし、アルハンブラ宮殿でもかなり歩くのでバスかタクシーをおすすめします。

バス乗り場

バスはヌエバ広場かイザベル・カトリカ広場から出ています。始発は朝7時過ぎ~で23時頃に運行終了します。7~10分間隔での運行になりますが、土・日・祝日は間隔が広がります。グラナダのバスなどの交通事情についてはスペイン・グラナダ日本語情報センターのサイトに(日本語)に詳しく書いてあります。バスのルートなどを詳しく知りたい方はこちらのサイト(英語)で確認してください。

ヌエバ広場→C31かC34のバスで「裁きの門」か「車両の門」近くのバス停で降りる

イザベル・カトリカ広場→C30のバスで正門前のGenelife 2で降りる

※イザベル・カトリカ広場のイザベル女王の横のゆるやかな坂、パードレ・スアレス通り(Calle Padre Suarez)にバス停はあります。

バスに乗ったら運転手の横にある機械にグラナダ・バスカードをかざしてください。

シティーツアーバスにも乗れます

グラナダカードの特典の1つとしてシティーツアーのバスにも乗ることができます。昼間運行しているグリーンツアーと夜間のレッドツアーがあります。停まるスポットやルートはこちらで確認できます。このシティーツアーはグラナダの観光スポットを巡るのにとても便利なのですが、グラナダカードの特典としてついてくる分では乗り降りができません!あくまで一周するのみです。乗る際はシティーツアー専用の乗り降りスポットでしたらどこからでも乗ることはできますが、途中下車はできず、同じスポットで降りなくてはいけません。グラナダをじっくり観光する時間はないけど街の雰囲気を見て周りたい方にはグラナダカードの特典分で十分だと思います。乗車時に運転手に予約確認書(PDF)を提示すればQRコードを読み取ってチケットをくれます。その際に途中下車はできないと言う事を言われると思います。